fc2ブログ

子宮頸がん検診におけるLBC法の導入

 子宮頸がん検診の方式では、これまでconventional cytology(従来法、直接塗抹細胞診標本)を用いる施設が圧倒的に多かったのですが、細胞診結果の分類で最近「ベセスダシステム2001」に準拠することが一般的となっています。そこで当クリニックでは、liquid-based cytology(LBC法、液状処理細胞診標本)を採用することにしました。 LBC法では不適正標本が有意に少なく適正標本の作成に優れているとされています。

 LBC法の長所は、
1)不適正標本撲滅
2)処理・診断の合理化
3)多くの検査を1つの検体で実施可能で、HPVテストを含めた遺伝子検査・免疫染色などを合わせて実施可能。
です。一方、短所は手技が煩雑で、高価なことです。

 細胞診ベセスダシステムの大きな特徴の1つはHPV感染が子宮頸がんの原因であるとの概念から出発していることです(HPV感染と子宮頸がんの癌化に関する文献では、「子宮頚がん予防ワクチンに関する文献の紹介」をご参照下さい)。

 ベセスダシステムでASC-USと判定された際の、ハイリスクHPVの検査(ハイブリッドキャプチャー法~HC II法)は日本では保険適用となっています。
 
 ハイリスクHPVで陽性であればコルポ診と生検、陰性であれば年1回の検診が推奨されます。ハイリスクHPVの検査を受けない場合には、半年以内に細胞診による再検査が奨められています。

 アメリカ癌協会(ACS)のガイドラインに拠ると、細胞診単独検診の開始年齢は性交経験から3年後または21歳からとされています。検診間隔は、従来法の細胞診では毎年、LBC法では2年毎となっています。

 アメリカでは30歳以上の女性にのみ細胞診とHPVテストの併用検診が認められています。HPV併用検診では検診間隔が3年毎になります。

 以上のことを踏まえて、こじまレディースクリニックでは子宮頸がんの細胞診単独検診の際に、ご希望の患者さまにはハイリスクHPV検査を同時に実施することにしました。ただし、子宮頸がんとハイリスクHPV検査とを同時に実施した場合には、子宮頸がんの検査料以外に自費料金が発生することになります。

(準拠:子宮頸がん検診とヒトパピローマウイルス Q&A集 日本細胞診断学推進協会)


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村

 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

 
スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小島謙二 (ペンネーム:晴走雨読)

Author:小島謙二 (ペンネーム:晴走雨読)
神戸市東灘区在住の産婦人科開業医。昭和38年生まれ。昭和63年京大医学部卒。医学博士。水瓶座。血液型はO型。
財団法人田附興風会医学研究所北野病院・神戸市立医療センター中央市民病院等の勤務を経て、2011年2月7日に神戸市阪急御影駅徒歩7分の御影ドクターズビレッジ内に、こじまレディースクリニックを開院しました。

産婦人科全般を扱ってきておりますが、専門は生殖内分泌・不妊・腹腔鏡下手術です。詳細は当ブログのプロフィールの欄をご覧下さい。

趣味はマラソン・観劇・ゴルフ・読書・筋トレ・サウナ&温泉・マッサージと多彩です。

観劇の世界では、以前は宝塚歌劇団がメインでしたが、劇団四季からストレートプレイまで幅広く対象にしております。

マラソンのベストタイム
フル:3時間22分45秒(平成18年篠山)
ハーフ:1時間28分49秒(平成19年大阪市民ハーフ)
5km:19分16秒(平成20年尼崎記録会)

ゴルフ:ホームコース~六甲国際ゴルフ倶楽部 オフィシャルHC25

女性の様々な悩みに真摯に向き合い、女性の健康維持とQOL(Quality of Life)の向上~アンチエイジングに努めたいと考えております。

どうか宜しくお願い申し上げます。

sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アンチエイジング
74位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleブロマガ購読者数sidetitle

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR