fc2ブログ

腹腔鏡下手術のお手伝い

 先日のブログで記しましたが、私は今年の4月よりある基幹病院の当直と産科外来を非常勤医として担当しています。

 今日は4月に続いて2回目の腹腔鏡下手術の御手伝いをさせて頂きました。5月にはブログで記しているように、癌の手術のお手伝いもさせて頂いております。

 かなり難易度の高い手術でしたが、術前のホルモン治療と部長先生の高度なテクにより4時間くらいで順調に終了となりました。

 私は以前、腹腔鏡下手術を専門としていましたが、もう第一線から離れて久しくなります。最近では医療機器の進歩と術者の技術の向上が著しいため、私程度の技術では太刀打ちできませんが、微々たるものであれ手術に貢献できるのは嬉しいものです。

 今月は平日や休日の当直の際にも、緊急帝王切開・難度の高い吸引分娩・死産等の大変な分娩に立ち会いました。

 クリニックでの主として外来だけの毎日では、臨床上の勘が鈍り、臨床の`怖さ’から遠ざかってしまうものです。

 `お産はおめでたいけれど怖い’

 この想いが、今までの臨床経験を通じて、私の中では染みついています。

 この経験を生かすためにも、当直・外来(時に手術の介助)だけとは言え、第一線の現場での御手伝いは続けていきたいと思っています。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

手術のお手伝い

 今日は非常勤医として勤務している病院で、当直・外来を終えた午後から手術に入らせて頂きました。

 婦人科系の癌の患者さんの手術で、術前の予想に反してかなり大変な手術となりました。先月も腹腔鏡下手術のお手伝いをさせて頂き、かなり難易度の高い手術だったのですが、今回の方がそれよりも内容的にはハードだったように思われます。

 開業してしまうと、医療の第一線から撤退してしまったように感じ、手術のイメージも遠ざかってしまうので、このような手術に入らせて頂ける機会が得られるのは、非常にありがたいことだと思っています。

 手術に実際に入る事で、長年掛けて築き上げてきた手術のイメージの再確認ができて、臨床上の勘を維持できるような気がします。

 自分が主治医ではないので、実は最も大変である術後管理を担うことはありません。申し訳ない気持ちもありますが、手術室で私が約23年産婦人科を続けてきて得られた経験を多少なりとも伝授できたら嬉しいことだと思います。

 術中4時間くらい立ち放しで腰が少し痛かったのですが、自宅に帰ってから住吉川に出ました。何となく疲労が溜まっているようで腰が重かったため、1周(5キロ)のみ走りました(今月の累計走行距離100キロ)。

 今月はなかなか走る時間が取れず、今日になって漸く100キロに到達しました。

 秋冬のレースシーズンに備えて、夏場にもそれなりに走り込みをしておきたいのですが、なかなかできません(汗)。来月12日に、毎年出場している「みかた残酷マラソン全国大会」が但馬の香美町で開催されるので、それに合わせて調整をしていくつもりでいます。

 その前日に毎年宿泊している「大平山荘」で予約している「チョウザメ料理」も楽しみです。実はこちらの方が目的となっているかもしれません(汗)。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

3ヶ月振りに産直再開

 去年の12月末に前の勤務先を退職してから当直なしの日々を過ごしてきました。産婦人科医になって約23年経過しましたが、これは自分にとって画期的なことでした。

 それでも種々の理由から、今月より産直を再開することにしました。神戸市の垂水区内にある総合病院に非常勤で勤務し、毎週の当直と産科外来を担当します。

 基幹病院での仕事は久しぶりとなりますが、身が引き締まる思いがします。医療の世界では病医院の規模・レベルに応じて1次・2次・3次医療機関に区分されます。医療機関によって取り扱うことのできる医療内容が異なり、扱えない症例は高次の医療機関に紹介することになります。

 私は開業した段階で1次の医療機関として地域医療に貢献していきたいと考えていましたが、これからは時折産直を通して2次的な医療機関で仕事に従事することになります。

 私から上の産婦人科医の年代は、福島での1件(これは今問題となっている福島原発被災関連ではなく、「福島県立大野病院産科医逮捕事件」のことを意味します)以来、多くの医師が産科の第一線から撤退してしまいました。

 そのため、中堅がいなくて若手ばかりの職場となっている基幹病院が全国で多くなってきています。産科を担う産婦人科医不足は、特に地方で一層顕著になってきています。

 このような状況下にあり、微力ではありますが私なりに地域医療に貢献できるように頑張っていきたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村

 人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


 

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

sidetitleプロフィールsidetitle

小島謙二 (ペンネーム:晴走雨読)

Author:小島謙二 (ペンネーム:晴走雨読)
神戸市東灘区在住の産婦人科開業医。昭和38年生まれ。昭和63年京大医学部卒。医学博士。水瓶座。血液型はO型。
財団法人田附興風会医学研究所北野病院・神戸市立医療センター中央市民病院等の勤務を経て、2011年2月7日に神戸市阪急御影駅徒歩7分の御影ドクターズビレッジ内に、こじまレディースクリニックを開院しました。

産婦人科全般を扱ってきておりますが、専門は生殖内分泌・不妊・腹腔鏡下手術です。詳細は当ブログのプロフィールの欄をご覧下さい。

趣味はマラソン・観劇・ゴルフ・読書・筋トレ・サウナ&温泉・マッサージと多彩です。

観劇の世界では、以前は宝塚歌劇団がメインでしたが、劇団四季からストレートプレイまで幅広く対象にしております。

マラソンのベストタイム
フル:3時間22分45秒(平成18年篠山)
ハーフ:1時間28分49秒(平成19年大阪市民ハーフ)
5km:19分16秒(平成20年尼崎記録会)

ゴルフ:ホームコース~六甲国際ゴルフ倶楽部 オフィシャルHC25

女性の様々な悩みに真摯に向き合い、女性の健康維持とQOL(Quality of Life)の向上~アンチエイジングに努めたいと考えております。

どうか宜しくお願い申し上げます。

sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アンチエイジング
93位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleブロマガ購読者数sidetitle

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

sidetitleFC2ブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR